☆2024年ライブ情報☆ ★クロイトリ★ 7月23日(火)荻窪クラブドクター

アマリリス先生

スポンサーリンク

ベランダにある

大きなアマリリスが咲きました。

f:id:aiamdolly:20100722121209j:image

そして散りました。

花の命は短いねえ。

それにしてもパックンフラワーのような

迫力のある花だわ。

このアマリリスに限らず、

6枚花弁の花は往々にして

六芒星の形をしています。

タロットの勉強をされている方などはピンと来ると思いますが、

VIの数字をあてられたTHE LOVERS(恋人たち)のカードや、

IXのTHE HERMIT(隠者)の持つカンテラの中の光のかたちや、

ヘキサグラムスプレッドなどでおなじみの、

上向きと下向きの三角形が重なった、あの印です。

f:id:aiamdolly:20100722121306p:image

上向きの三角形は

男性原理・顕在意識・能動性・光・太陽・外へ向かうエネルギー

下向きの三角形は

女性原理・潜在意識・受動性・闇・月・内へ向かうエネルギー

といったものをそれぞれ象徴しています。

男と女。光と闇。善と悪。とかとか、

この世のあらゆる事物の根本原理は二極に分かれるという

いわゆる二元論がある上で、

この六芒星は

その対立原理が調和して、安定している姿を表しています。

確かに、何事においても

極端にかたよらず、対立物を否定せず、

バランスを保つ状態は理想的であるかもしれません。

最近読んでいる文献には

「対立原理の調和のシンボルである六芒星は、

この世における人間の可能性の果て。

最も完成度の高い、私たちが出来る物事を表します。」

とまで書いてある。

おお・・・

なんだかアマリリスがとっても崇高に見えてきたぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました